計画権限の有効期限が切れていることを認識している場合と認識していない場合があります。

計画許可の有効期限Croft Architecture

一般的に言えば、計画権限通知に計画権限が別途記載されていない限り、開発を開始するために計画許可が付与された日から3年

これは必ずしも当てはまるわけではなく、1968年の町と国の計画法によってもたらされる規定以前は、そのような制限はありませんでした。 これにより、決して行動しなかった多くの計画承認が蓄積され、法の改正によって解決されました。

計画権限を実装する

有効期限が切れる前に計画権限を実装しないと、計画権限を再度申請する必要があります。 それでは、計画承認を実施することはどういう意味ですか?

これに対する答えは、開発に関連する”重要な操作”が開始された最も早い日に開発が開始されることを強調する町と国の計画法、セクション56に詳

“材料操作”は、以下のいずれかを意味すると説明されています:

  • 建物の建設の過程での建設作業;
  • 建物の解体作業;
  • 建物の基礎または基礎の一部を含むトレンチの掘削;
  • 建物の基礎、または基礎の一部、または上記のようなトレンチへの地下のメインまたはパイプの敷設;
  • 道路または道路の一部を敷設または建設する過程での操作;
  • 材料開発を構成する土地の使用の変更。

必要と判断された場合、地方自治体は、通知の発行日から12ヶ月以内に計画許可が効力を失うことを宣言できる完了通知を発行することができ

概要計画許可は少し異なります。..

概要計画許可の場合、計画許可日から3年間、スキームの予約事項を提出する期間があり、承認はさらに2年間存続します。 したがって、アウトライン計画権限を使用すると、実装が必要になるまでに最大5年かかります。

Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。