新しい報告書によると、米国の世帯の80%以上がテレビを持っており、少なくとも1つの「インターネットに接続されたテレビ機器」を持っています。”この定義は、スマートテレビ、接続されたビデオゲームシステム、ブルーレイプレーヤー、インターネットストリーミングボックスやスティックのいずれかを意味します。Leitchman Research Groupによると、この割合は現在82%であり、2020年には80%、2019年には74%、2016年には65%、2011年には30%となっている。

一方、成人の39%が「毎日接続された機器を介してテレビでビデオを見る」と回答したが、これは実際には2020年版の調査から40%未満であるが、それは2020年初頭のテレビ視聴のパンデミックによるものである可能性がある。 その数は、2019年には31%、2016年には19%、2011年には3%でした。

18~34歳を含む若年層は、日常的に接続された機器でテレビを視聴する傾向が高く、その年齢層の54%がそうしていると回答しています。 さらに、有料テレビサービスに加入していない人(50%)は、そうでない人(35%)よりも毎日接続されたテレビを見る可能性が高くなります。)

調査によると、2021年の「平均報告された新しいテレビへの支出は約530ドル」であり、5年前の795ドルと比較して、テレビの価格が時間の経過とともに低下していることが示されている。

「接続されたテレビ機器の使用は、昨年のコロナウイルスのパンデミックのために前倒しされた後、過去1年間で横ばいになった。 それでも、成人の39%が毎日接続されたデバイスを介してテレビでビデオを見ており、少なくとも毎週60%が”Leichtman Research Group、Incの社長兼主任アナリストであるBruce Leichtmanは、報

「現在、米国のテレビ世帯の80%以上が少なくとも1台のテレビ機器を接続しており、接続されたテレビ世帯あたり平均4.1台の機器があります。「

Leichtman Research Groupは、各四半期に有料テレビサービスが失われた顧客の数についてのレポートを発表している会社です。 LRGは3月に、有料テレビ業界が2019年に47億9500万ドルを失った後、2020年に510万人の加入者を失ったと報告した。 同社は約5万人のブロードバンド加入者を2020年に追加しました。

「2020年の500万人以上の加入者の純有料テレビ損失は、2019年よりもわずかに高く、前年よりも多かった」とLeichtmanは3月の報告書で指摘した。 「全体として、トップの有料テレビプロバイダーは、2020年に5.9%の加入者を失いました。2年後の2019年に現役を引退した。”

スティーヴン-シルバーは、国益のための技術作家であり、ジャーナリスト、エッセイスト、映画評論家であり、フィラデルフィア-インクワイアラー、フィラデルフィア-ボイス、フィラデルフィア-ウィークリー、ユダヤ電信局、リビング-ライフ-フィアレス、バックステージ-マガジン、ブロード-ストリート-レビュー、スプライス-トゥデイに寄稿している。 フィラデルフィア映画批評家サークルの共同創設者、スティーブンは彼の妻と二人の息子とフィラデルフィア郊外に住んでいます。 @StephenSilverでTwitterで彼に従ってください。

画像:ロイター

Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。