Justin Sullivan|ゲッティイメージズニュース|ゲッティイメージズ

2012年現在、米国には86,985,872人の住宅所有者がいます。 この数字は、アメリカの住宅市場の65.5パーセントを表しています。

夫婦の約81%が自宅を所有しているのに対し、独身者の約47%から58%に減少している。 家の所有率は伝統的に年齢とともに増加しており、81歳以上の65歳以上の人々の37%に対して35歳未満の人々の家を所有しています。 平均して、所有者の占有率は中西部で最も高く、西で最も低いです。 ミシガン州とウェストバージニア州の住民の約75%が自分の家を所有していますが、それはカリフォルニア州のわずか55%に当てはまります。

ルーマニアが97%、リトアニアが92%、シンガポールとハンガリーが91%、中国とスロバキアが90%、インドが87%、メキシコとイタリアが80%、カナダが69%など、30カ国以上が米国よりも高い住宅所有率を持っている。 韓国、ドイツ、スイスは、それぞれ54、53、44パーセントで世界で最も低い住宅所有率のいくつかを持っています。

米国 国勢調査局は、住宅ローンやその他の債務負荷なしで所有されているユニットの数ではなく、その所有者が占有するユニットの数として家の所有権を

広告

Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。