特定の企業、組織、研究所に申請する際には、あなたが仕事に適した候補者であるかどうかを判断するために特定のものが必要です。 いくつかの要件には、カバーレター、Cv、および推薦状が含まれます。

ただし、一部の機関では、提供された情報に加えて身元確認を必要としています。 これは、あなたが与えた詳細が事実であり、構成されていないことを確認することです。 多くの人々がよく尋ねる一つの質問は、”どのように私は私の犯罪歴をチェックするのですか?「

この質問に対する答えがここに提供され、犯罪歴の確認について知っておくべきいくつかの重要な事柄が提供されます。

背景犯罪歴チェックで何が明らかにできるのですか?

バックグラウンドチェックは、個人に関する以下の情報を提供することができます:職歴、運転歴、学歴、医療記録、補償、信用履歴、破産、参照など。

しかし、最も要求された情報は犯罪歴です。 犯罪歴は、軽犯罪、重罪、犯罪、性犯罪者の情報、裁判所の記録、飲酒運転、仮釈放違反、有罪判決、判決などの記録を示しています。、申請者の。

それはまた、裁判所の解雇と個人に与えられた有罪または無罪の判決を示しています。 人に積極的な令状がある場合、それは犯罪歴に表示されます。 記録チェックはまた、少年犯罪のような過去の犯罪を示しています。

犯罪歴を確認するにはどうすればよいですか?

おそらく、犯罪歴を合法的に取得する最も簡単で最速の方法は、警察署からコピーを取得するために申請することです。 それは通常、警察の記録に含まれています。

犯罪歴をオンラインで確認するにはどうすればよいですか?

一部のサイトでは、個人が犯罪歴を有料で確認できるようになっています。 米国の州の記録は、あなたが必要なものを示して信頼できるサイトです。

なぜ雇用主は私の犯罪歴を確認する必要がありますか?

企業に個人を採用する前に、採用担当者や雇用主にとって、会社にとって問題となるような責任ではなく、ハイエンドのリスクを生じさせないこ また、他の従業員の作業環境の安全を促進する上での懸念です。

これが雇用主が犯罪歴の身元調査を実施する理由である。 雇用者は、申請者が彼の違法なフォームを提出するか、彼が源泉徴収された情報を発見した場合、より多くの身元確認を行うことを要求することがで

雇用主が犯罪歴を要求した場合は、このフォームで入手可能なすべての情報を提供することが最善の利益です。 これは、他の詳細が明るみに出た場合、オファーを取り消したり却下したりすることは雇用主の権利の範囲内にあるためです。

誰か私の犯罪歴を確認できますか?

特定の記録は一般に公開されており、誰でも他の人の情報を見つけることができます。 しかし、個人の犯罪歴に関するすべての犯罪の詳細が誰でも見ることができるわけではありません。

隠された情報は、しかし、州の機関や裁判所の記録で見つけることができます。

犯罪歴を確認する方法

犯罪歴を確認する最も簡単な方法は、警察に控訴して記録を調べたり、有料でサービスを提供しているサイトや無料でサービスを提供しているサイトに行ったり、裁判所に行って記録を確認したりすることです。

必要な詳細を取得するために必要な手順があります。 いくつかのために、オンラインサイトのように、必要とされるすべてはあなたの名、姓、都市、州であり、あなたはそれをオンラインで確認することがで

警察の記録のような他の方法では、オンラインで差し控えるのが簡単な情報を提供しますが、次のプロセスを経る必要があります;

  1. あなたの地域の警察署を訪問してください。
  2. オンラインで確認し、提供された情報を使用することで、最寄りの警察署を見つけることができます。
  3. あなたがそこに着いたら、あなたの記録を検索するように要求すると、文書があなたに提供されます。
  4. あなたはそれがあなたの記録であり、偽装ではないことを示すために有効な身分証明書を提示する必要があります。
  5. 犯罪歴を取得するために必要なその他の手順に従ってください(もしあれば)。

結論

特定の時期、特に仕事に応募する前に、あなたの犯罪歴をチェックすることが不可欠です。 時には、個人は、特定の犯罪が記録されているという事実に気づいていません。

これは、彼らが犯罪を犯していないか、過去に襲われた罪を示しているからです。 あなたの記録をチェックし、徹底的かつ簡潔な結果を持っているために、私たちのウェブサイトをご覧くださいhttps://www.pre-employ.com

Pre-Employeでは、私たちはあなたに正確な結果を与えるために革新的なバックグラウンドチェックと手間のかからないチェックを提供します。

Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。