アスファルトの私道はどのくらいの厚さにする必要がありますか?

アスファルトの私道はどのくらいの厚さにする必要がありますか? この質問への答えは、あなたの財産の大きさやあなたが住んでいる場所など、多くの要因に依存します。 この記事では、一般的にアスファルト車道とそれらがどのように構築されているかについての情報が含まれています。 フルデプスアスファルト私道は完全にアスファルトで作られているものです。 アスファルト舗装の組み合わせは、土壌路盤から最上層まで使用されます。 多くの場合、4インチまたは余分なアスファルトのこの高い層は、5-6インチが強く、余分な安定した私道で終わるのに対し、”適切な”考慮されます。

アスファルトの私道の厚さと構造は、最終的には舗装が完成した後にどのように使用されるかによって決まります。 しかし、アスファルト舗装は、サブグレードの材料や排水を含むいくつかの重要な決定点を持つシステム全体であるため、それ以上のものがあります。 厚さに関しては、4インチの厚さの非補強された舗装は乗客の自動車私道のために共通である。 より重い自動車のために、5インチの厚さは実際に有用である。 立っている水を取り除くために、私道は、正しい排水のために、最小の1%、または1/8インチの道路の方向に傾斜させる必要があります。

アスファルト私道の厚さ
アスファルトが私道でどのように見えるか
なぜ私道にアスファルトを選ぶべきですか?

アスファルトの車道は、より魅力的で、長く続き、建設が容易です。 ほとんどの人は道路や車道を当たり前にしていますが、適切な材料を使用することに伴うすべての利点を考慮していません。 アスファルトは正しく取付けられていたとき一般的なdriveabilityのために優秀である。 アスファルト路面は原価節約、騒音低減および慰めを含むいくつかの利点を、提供する。 アスファルト材料は道路工事および維持で使用されたとき道路利用者および環境両方のための利点を高めることができます。

アスファルトの最小厚さは何ですか?

アスファルトの私道は少なくとも2インチの厚さでなければなりません。 アスファルトが正しく置かれるとき、材料の厚さおよび固有の柔軟性は基層によって結局下支えられる負荷の重量を配ります。 しかし、アスファルトが薄すぎると、重量が均等に分散されず、タイヤの下の材料が周囲の舗装から圧縮されて剥離し、疲労骨折が生じます。

骨材ベースの上にアスファルトを注ぐことは、代替オプションです。 粉砕された岩石は、一般的に骨材として使用されています。 この代替案は、しかし、完全な深さのアスファルト私道ほど良いではありません。 アスファルト舗装の一インチは、平均して骨材の基礎の三インチに等しい。 結果として、完全な深さのアスファルト私道上の総計の基礎を選ぶことは幾分より厚い私道を全面的に必要とする。

アスファルトの私道はどのくらいの厚さにすべきですか–関連する質問

なぜ私の新しいアスファルトの私道は滑らかではありませんか?

あなたのアスファルトが滑らかではなく、床の上に散らばっている固定されていない岩がある場合、またはあなたがアスファルトや組み合わせの小さ アスファルトやアスファルトの組み合わせ自体も問題になる可能性があります。 アスファルトは、通常、7パーセントのアスファルト材料の最小値を持っている必要があります。 アスファルトのいくつかの種類は、アスファルトを含み、いくつかは、アスファルト材料に加えて、バインダー、砂利、または砂が含まれています。 これらの部品はすべてドライブを舗装するために適切である固体舗装の作成の必要な位置を担う。

新しいアスファルトの私道を処理するのにどれくらい時間がかかりますか?

新鮮なアスファルトの上に車両が入るまでには少なくとも三日かかります。 アスファルトがしっかりし、治すために6-12か月を取るのであなたの駐車場か私道はそれまで柔らかく、適用範囲が広いとどまる。 アスファルト車道は、アスファルトが配置された後、少なくとも三日まで駐車するために使用すべきではなく、それはまだ敷設されている間、アスファルト あなたは約一週間のためにそれを使用するのを待つことができればアスファルトははるかに速く硬化します。 あなたのアスファルトが華氏60度以下の温度に設置されている場合。

アスファルトの私道の最大の基盤は何ですか?

通常、砕いた角砂利をベースとして頑丈なブラックトップの車道が建設されています。 この砂利は自動車および積み込み車に類似した穏やかな車の場所の訪問者のための最低6インチの厚さでなければならない。 より大きいトラックおよびアスファルト舗装業者のようなより高い場所の訪問者のために、押しつぶされた角の砂利の少なくとも12インチの基盤 アスファルト具体的な私道のための付加的な利点はから成っています:

  • 耐霜性(アスファルトの凍結水による損傷)
  • 自動車からの衝撃に対する耐性極端な気候条件に対する耐性
アスファルト私道の仕様
アスファルト私道の仕様
私道にはどのような舗装を選ぶことができますか?

磁器、石畳、大理石、およびトラバーチンはすべて美学のために素晴らしいですが、非常に簡単に壊れ、定期的に私道の使用のために維持しません。 ゴム製ペーバーは丈夫しかし方法に欠け、非常に環境に優しい両方ではないかもしれません。 アスファルト私道は全天候用のための大変な選択および全季節の使用のために適切である。

アスファルトの私道はどれくらい高価ですか?

アスファルト舗装の価格は、アスファルト舗装、アスファルト舗装、アスファルト車道で行われる作業の測定に依存して異なります。 アスファルトは、車が再びその上に許可されるよりも早く乾燥させるために、達成可能なほど痩せた層に広げなければならない。 価格設定は通常vary5-2 25から変わることができます。

どのように私は舗装私道を選択するのですか?

舗装されたアスファルトの車道は、多くの住宅地や商業地で人気があり、運転したり歩いたりするための長持ちした滑らかな表面を形成しています。 しかし使用されるアスファルトのタイプはあなたの特定の適用のために最も適しているアスファルトのタイプに基づいて変わります。 多くの要因はアスファルトが使用され、だれがそれを使用するところのようなあなたの適用にアスファルトを、選ぶとき考慮されるべきである。

業務用のアスファルト車道や駐車場を設置する場合は、いくつかの点に留意する必要があります。 アスファルト車道の保証は材料およびサイズによって異なります。

私道には2インチのアスファルトで十分ですか?

ツーインチは、アスファルトオーバーレイとフロアプログラムのためのビジネス一般的なものであり、その結果、フロアコースをバインダーコースに正しく結合 床のコースがちょうど余りにスキニーならraveling、割れること、および異なったアスファルトポイントをもたらすことができる正しく結ぶべき床面積および異

高速道路のアスファルトの厚さはどれくらいですか?

厚さ2½インチから三インチまで、すべての昇降は、重いカーラーコンパクタによってソフトウェアの後に圧縮されます。 過度のペースでそれを通過する大型車と一緒に、自動車のトンの固定重量を負担する必要があります重く走行道路のために、舗装は通常、二½インチの二つの”リフト”で利用されています。

アスファルトの私道の最大の厚さは何ですか?

ブラックトップの二インチ厚の層は、砂利ベースが不適切に置かれている限り、正である必要があります。 付加的なblacktopを含んで、厚さはかなり床の寿命を延長することを行っていない。 言うまでもなく、blacktopは多くの代わりとなるブレンドおよび混合物で提供される。

舗装は私道に使用できますか?

コンクリート舗装は、私道、歩道、パティオ、および異なる表面を舗装するために使用される高く評価されている建築材料です。 ペーバーは余分な条件に製造され、実際に注がれたコンクリートより強い私道を作成するかもしれない丈夫な、均一プロダクトを作る。 先行の設置費用の点では、アスファルトはペーバーより比較的安価である。 ペーバーはより長い寿命を維持し易く、過し易い。 ペーバーによって、付加的な設計および審美的な多様性の可能性がある。

アスファルト車道の利点は何ですか?
  • アスファルトは100%リサイクル可能です。
  • アスファルトは耐久性があり、長持ちします。
  • アスファルトはノイズリダクションに適しています。
  • アスファルトプロジェクトはすぐに完了することができます。
  • アスファルト舗装は排水に適しています。
  • アスファルト舗装は安全です。
アスファルトの厚さを決定する要因は何ですか?
  • 舗装の使用目的:舗装を利用する車両の重量、速度、および一般的な日に道路を使用する車両の数はすべて考慮すべき要素です。 2.5から3インチの密集させたアスファルト厚さの家の私道は使用中の混合され使用特性は4インチまたは多くの密集させたアスファルト厚さを要求するかもしれないが十分であるかもしれない。
  • 土の種類: 最終的な舗装のために、土は固体、丈夫な基盤を提供しなければならない。 建築業者は土を等級分けし、密集させることによって路盤を作成する。 土壌が岩、砂、または砂利の場合は、圧縮してよく排水する必要があります。 土壌がローム、粘土、または同様の軟質土壌である場合、適切な圧縮を達成することはより困難になる。
  • アスファルト混合物の種類:オープングレード舗装や従来のアスファルト舗装を含むアスファルト混合物にはいくつかの種類があります。 総計のサイズにアスファルト舗装の厚さの影響があります。 さらに、舗装を構築するためにいくつかの種類の混合物を使用することができます
何が良いアスファルト私道を作るのですか?

良いアスファルトの私道を持っていることにいくつかの重要な考慮事項があります。 これらの基本的なポイントは次のとおりです:

  • 十分な基礎:安定した路盤を持っていることおよび強い総計の基盤を造ることはよい基礎を置くことの両方重要な面である。
  • 適切な排水:石は水を排水できるように適切に設定する必要があります。 低い区域で集まるように水を許可することにより舗装は割れる。
  • 適切な材料:私道の混合物は、高速道路の混合物よりも多くのアスファルトバインダーと少ない空気空間を持つ必要があります。
  • 良い施工方法:甌穴や舗装の問題を引き起こす可能性があるため、混合物の分離を避けることが重要です。
  • 時機を得た維持:排水の特徴およびひびシーリングを大事にすることは推薦される2つの処置です。 全体的に、舗装のシーリングは個人的な好みおよび消耗問題である。 水は舗装の最悪の敵です。 建設中に排水が適切に設置されていることを確認することは重要ですが、排水が機能し続けることを確認することも重要です。 水は、サブグレードを軟化させることによって舗装を侵食することができる。 ひびシーリングは私道の舗装の維持の重要な要素である。 骨折が満たされていない場合、水やその他の物質が舗装に浸透して損傷を引き起こす可能性があります。 いくつかの不動産所有者は、封印された骨折の外観を嫌う。

Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。