家からの宝物展示
“家からの宝物”展示

NPS写真

二から三時間?

三階の展示ギャラリーを訪れることで、上記の活動を補完することができます。

“家からの宝物”-エリス島の移民が故郷から持ってきた持ち物のコレクション。

“エリス島クロニクル”は、写真、文書、モデルを通じてエリス島の地理的歴史を特徴としています。

“Silent Voices”と”Restoring A Landmark”は、1954年に閉鎖されたエリス島移民局を紹介し、本館がどのように復元されたかを明らかにしています。

復元された”ドミトリールーム”とレジストリルームの歴史的な写真は、”大ホール”を見下ろす三階のバルコニーにもあります。

三階の”展示ギャラリーを変える”に臨時展示があれば、お楽しみください。

また、”ピーク移民年”に適合することができるかもしれません。 この展覧会は、二階の東側に、人々が移住のために持っていた理由を探る、彼らはどこから来た、彼らはここに来た方法、そして彼らがアメリカで遭遇した

Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。